ブライダル情報誌

ブライダル情報誌というとなりよりもまず挙げられるのはゼクシィです。
ウェディング情報誌としては最大手といっていいでしょう。
いままでブライダルの情報雑誌としては、一般の女性誌が年二回くらいブライダル特集号を出しているくらいだったのが、ゼクシィは年12回の毎月刊行ですから、業界への影響はものすごいものがありました。
ゼクシィのコンセプトは、「自分らしい結婚のための式場やプラン、ドレスや指輪などあらゆるウエディング情報を提供」です。住んでいる地域によって北海道、東北、首都圏、北陸、東海、中国、関西、四国、九州と分けて、それぞれ300円にて発売されています。

オンライン版としてゼクシィネットもありますが、雑誌の強みとして式場情報だけでなく、足で拾った地域に密着した情報が掲載されていることが魅力です。

ゼクシィの対抗馬としては、同じく毎月発行の「けっこんぴあ」があります。
コンセプトは「わたしらしく幸せになろう!結婚準備から新生活までのコンシェルジュ」。
式場などの情報以外にも流行の結婚式やマリッジリング、演出などの読み物系が充実しているのが特徴です。
こちらは関東版と関西版の二つで料金は450円です。

そのほかの全国誌としては、月刊ではなく、季刊もしくは年二回の発行となり、式場などの情報よりもあるテーマにのっとった特集をメインに読み物が充実していたり、写真がとてもきれいなのが特徴となっています。
25ans Weddingは年7回発行です。
コンセプトは「高級感、高品質」。
表紙装丁からして他のブライダル情報誌とは、雰囲気が違います。

グレイスフルWeddingは年二回発行でコンセプトは「ワンランク上のウエディング誌。
世界で一番美しく幸せな花嫁になるためのガイド」となっています。

OZ Weddingは年二回発行でコンセプトは「大人らしいウェディングのために」。
この雑誌はけっこう生活面、金銭面など現実に即した目線で記事が書かれているのが特徴です。

各地方限定の情報誌というのも出版されています。
首都圏限定のCity wedding(シティウェディング)。
これは料金無料で配送してくれるのですが、無料とは思えない充実した内容ときれいな写真に驚かされます。
中国地方には、ブライズデイウェディングという雑誌があり、これは季刊で300円です。
同じく中国地方のきゃべつ畑ウェディングは、季刊で200円。
九州地方には、ブライダル情報誌メロンがあります。こちらは季刊で200です。


RSS関連リンク
ブライダル情報誌
今日は会社にて、これからブライダル情報誌続きをみる. 『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。