結婚記念日

結婚記念日とは、結婚式をした日や婚姻届を出した日を、夫婦の間で記念にした日です。
夫婦の間で決めた記念日なので、ほとんどの場合が夫婦だけで祝うことになります。
海外の多くの国では、結婚記念日にプレゼントを贈りあうのが一般的です。
1年ごとの結婚記念日に紙婚式やわら婚式といった名前をつけて、その名前にあったプレゼントを贈りあったりします。
夫婦の記念日ですから、形式にとらわれずに二人で食事をしたり、映画を見たり、旅行に行ったり、プレゼントを交換するのも良いですね。
特別にお金をかけなくても、例えば毎年お花をプレゼントされるだけでも女性なら嬉しいものです。


結婚記念日の名前は紙婚式、わら婚式そして、わらから革、革から花、花から木というようにだんだんにかたい物の名前になっていきます。
これは結婚のきずなが1年ごとにかたくなっていくのをあらわしています。

結婚15年目からは、5年ごとに記念日を祝うのが一般的で 中でも25年目の銀婚式と50年目の金婚式は、自分や相手の家族などと一緒に、派手に記念日を祝う事が多いです。
特別 な決まりはありませんが夫婦の間を見つめ直す機会として大切にお祝いしましょう。


トップへ戻る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。