結婚式・マナー

結婚式に出席する事になり、ご祝儀のためのご祝儀袋も購入。
さて、自分の名前を書こうと思ったあなた、ご祝儀袋の正しい書き方については大丈夫ですか?
まずは基本的な結婚式でのご祝儀袋の書き方をご紹介します。
基本は毛筆。筆か筆ペンで書きましょう。
結婚式でのご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は、
原則として毛筆で書きます。
もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。
しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのはマナー違反です。
筆で書くことがどうしても苦手という人は、
黒のサインペンで書くと良いでしょう。
文字の色は黒。結婚式などのお祝い事では濃い黒を。

筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。
特に結婚式などのお祝い事では、濃い黒を用います。
結婚式でのご祝儀袋の書き方(個人名の場合)
もっとも多く使うであろう一般的な表書きは個人名でしょう。
名前は名字だけでなく、姓と名を書きます。
もちろん表書きに書く個人名は、
ご祝儀の贈り主である「あなた」の名前ですよ。
筆でも筆ペンでも表書きは上手でなくても大丈夫です。

ただし、心をこめて丁寧に書くようにしましょう。
どうしても苦手という場合は、デパートなどでご祝儀袋を購入した場合、表書きを変わりに書いてくれるサービス(有料?)があるようです。
そちらを利用してみるのも良いでしょう。

トップへ戻る
タグ:結婚式

結婚式・電報

結婚に関する祝電は、披露宴に出席しない場合や、止むを得ず欠席する場合はお祝いの電報を打ちます。
また会社関係などで祝電を打つこともあります。
結婚式以外でも、出産の知らせや、合格のお祝いなど簡潔にわかりやすく気持ちを伝えましょう。
電報に使える文字は、約20種の記号のほか、以下の文字が使用できます。
1.漢字電報――常用漢字表・人名用漢字表に掲げる漢字と、ひらがな、カタカナ、アルファベット。
2.かな電報――ひらがな、カタカナ、アルファベット。
またタイミングが肝心です。
電報は打ってから概ね3時間程度で届きます。
基本文は以下の通りです。
ご結婚おめでとうございます。
末永いお幸せをお祈りします。
28文字
ご結婚おめでとうございます。
お二人の門出を祝し、心からお祝い
を申し上げます。
38文字

ご結婚おめでとうございます。
明るくあたたかいご家庭を築かれますようお祈り申し上げます。
43文字

華燭の典を祝し、心よりお祝い申し上げます。
お二人のご多幸とご発展をお祈り申し上げます。
43文字

職場のみんなからお祝いの気持ちを贈ります。
健やかで笑顔あふれる明るい家庭を築いて下さい。
末永くお幸せに。
52文字

結婚おめでとう。
面と向かうと照れくさいので電報を贈ります。
頑張って。そして無理しないで。
これからも応援しています。
57文字


トップへ戻る
タグ:結婚式

ブライダル情報誌

ブライダル情報誌というとなりよりもまず挙げられるのはゼクシィです。
ウェディング情報誌としては最大手といっていいでしょう。
いままでブライダルの情報雑誌としては、一般の女性誌が年二回くらいブライダル特集号を出しているくらいだったのが、ゼクシィは年12回の毎月刊行ですから、業界への影響はものすごいものがありました。
ゼクシィのコンセプトは、「自分らしい結婚のための式場やプラン、ドレスや指輪などあらゆるウエディング情報を提供」です。住んでいる地域によって北海道、東北、首都圏、北陸、東海、中国、関西、四国、九州と分けて、それぞれ300円にて発売されています。

オンライン版としてゼクシィネットもありますが、雑誌の強みとして式場情報だけでなく、足で拾った地域に密着した情報が掲載されていることが魅力です。

ゼクシィの対抗馬としては、同じく毎月発行の「けっこんぴあ」があります。
コンセプトは「わたしらしく幸せになろう!結婚準備から新生活までのコンシェルジュ」。
式場などの情報以外にも流行の結婚式やマリッジリング、演出などの読み物系が充実しているのが特徴です。
こちらは関東版と関西版の二つで料金は450円です。

そのほかの全国誌としては、月刊ではなく、季刊もしくは年二回の発行となり、式場などの情報よりもあるテーマにのっとった特集をメインに読み物が充実していたり、写真がとてもきれいなのが特徴となっています。
25ans Weddingは年7回発行です。
コンセプトは「高級感、高品質」。
表紙装丁からして他のブライダル情報誌とは、雰囲気が違います。

グレイスフルWeddingは年二回発行でコンセプトは「ワンランク上のウエディング誌。
世界で一番美しく幸せな花嫁になるためのガイド」となっています。

OZ Weddingは年二回発行でコンセプトは「大人らしいウェディングのために」。
この雑誌はけっこう生活面、金銭面など現実に即した目線で記事が書かれているのが特徴です。

各地方限定の情報誌というのも出版されています。
首都圏限定のCity wedding(シティウェディング)。
これは料金無料で配送してくれるのですが、無料とは思えない充実した内容ときれいな写真に驚かされます。
中国地方には、ブライズデイウェディングという雑誌があり、これは季刊で300円です。
同じく中国地方のきゃべつ畑ウェディングは、季刊で200円。
九州地方には、ブライダル情報誌メロンがあります。こちらは季刊で200です。


RSS関連リンク
ブライダル情報誌
今日は会社にて、これからブライダル情報誌続きをみる. 『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。